メインイメージ

観光

黄河入口湿原

黄河湿原は黄河の海への入口に位置します。山東省が建設した第6番目の観光スポットで、東営市の三大観光地の中では1番目です。
この観光地は、黄河デルタ国家自然保護区と国家級の森林公園内にあり、独特の黄河の入口の湿原の生態景観でその名が知られています。
黄河の1千年の間に流れた沈殿物、その河口で中国の最も広大かつ最も若い湿原の生態系を成し遂げた独特な観光資源に属して、高い観賞価値を持っています。
園内では生物が多く生息し、各種の生物が1,917種類にも登ります。その中で水生動物が641種類、国家1級の保護動物に属するチョウザメ、シロチョウザメ2種類も生息しています。
ここは鳥類の生息地でもあり、鳥類は主に丹頂鶴、シロガシラ、コウノトリ、中華のアイサガモ、イヌワシ、うみワシなど多種の国家1級保護鳥類を擁し、国家2級の保護鳥類は30種類を持つ鳥類の楽園です。



天鵝湖(白鳥湖)

天鵝湖(白鳥湖)は東営市東城東南方向より15キロメートル先の天鵝湖リゾート地に位置します
1997年に完成された大型の水上遊園地で観光、レジャーを一体化した対外娯楽施設です。
アジア最大である唯一の人工平原ダム·東営市唯一の国家AAA級観光スポットでもあります。
環境を常に改善することで、毎年、冬には大量の白鳥が来鳥し、たくさんの観光客が訪れるようになりました。

孫武祠

孫武祠は山東省広饒県城の西北に位置し、敷地面積は7,000平方メートル余りです。この祠堂は全国重要文化保護財である南宋関羽廟の正殿を主体にして、古代建築と近代的な建築の風格と一体となる宋朝体の四合院(旧式の家)4つを含んでいます。
庭園の真ん中に高さ3メートル、身に剣をぶら下げ、兵書を手に持ち、頭を上げ胸を張る、鋭い目で遠くを眺める一つ漢白玉の彫像(孫武)がそびえ立っています。
2005年9月6日~9月8日東営市広饒県で第1期の孫子国際文化祭が開催され、海外から華僑、企業家、中国の軍関連部門、歴史、社会科学関連の著名人などの各界から1,300名余りの人々が、開幕式に参加しました。

孫 武(そん ぶ 紀元前535年頃 - 没年不詳)は、中国古代の武将・軍事思想家で兵法書『孫子兵法』の作者とされており、兵家の代表的人物です。 春秋時代の斉国出身で字は長卿、「孫子」は尊称です。孫武は軍事学の研究において戦略、戦術、情報など幅広い領域で業績を残しており、「戦わずして敵を屈する」という戦略思想、戦闘での防勢主義と短期決戦、そして諜報活動の考察などの成果が挙げられています。
『孫子兵法』は、中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書。後に武経七書の一つに数えられています。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つです。『孫子兵法』の成立以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かったのですが、孫武は戦史研究の結果から、戦争には勝った理由、負けた理由があり得ることを分析しました。
その結果を『孫子兵法』に纏められております。

お問い合せは 大阪ウェルディング工業株式会社 TEL 0748-62-3771 名古屋ジャパンデスク TEL 052-201-7537 中国への進出をお考えの企業様、第一工業団地へお仕事を発注されたい日本企業様
その他、東営経済開発区に関するお問い合わせはジャパンデスクまで メールでのお問い合せはこちら