メインイメージ

環境への配慮

東営市は、高い効率の生態経済の発展をめぐって、廃棄物の削減、流域の管理、大気汚染の整理に力を入れています。強力に生態の回復などの工事建設を実施して、全市の環境の品質が持続的に効果的に改善することを推進しています。
1億元を投入し、湿地回復の工事を行い、湿地の生態環境は著しく改善され、黄河デルタの自然保護区は環境保護部に優秀な自然保護区にも選ばれました。
また、5億元を投入し、17ヶ所の発電所で硫黄分を取り除く施設を作り上げ、DCS中央コントロールシステムもインストールしました。
二酸化硫黄の排出を年間10万トン削減され、二酸化硫黄の排出削減は山東省で第2番目にランクされています。
生活汚水処理場の10ヶ所基を作り上げ、“一県の地域に少なくとも1ヶ所の汚水処理場”の目標を実現しています。
全市の主な汚染物質の化学的酸素要求量と二酸化硫黄の排出量は2005年に比べて5,900トンと41,800トンを削減し、削減率は15.9%と33%に達しています。
クリーンエネルギーは広範囲に亘り推進され、去年まで全市はすでに風力発電機を20万キロワット発電しました。
河川の水質が著しくて改善され 、《東営市の小流域汚染総合管理規則》を作り上げています。
20数億元を投入し、織女の川、陽河などの河川に対して総合管理を実施しました。汚染水のせきとめ工事、汚染パイプネットと汚水処理場も建設致しました。また、採油汚染水の再利用にも力に入れ、採油廃棄水の再注入率は94%以上に達しました。
大気質は明らかに改善され、 東営市は4億元を投入し、全市の12社大型の石油精錬企業に統合管理を行い、二酸化硫黄の排出量が年間5万トン減少しました。
中心地域と周辺地域に総合的な環境管理を実施、人造繊維板工場などの高い廃棄物企業10数社に対し、移転·廃業·生産中止を致しました。
環境監督体制を強化し、市の環境観測所が国家級実験室を持ち(計量の認証)、全国では第4番目、山東省では第1番目計量の認証資格を得た環境観測所となっています。
8,000数万元を投入し“青空の碧水”モニターリング・システムを設立、汚染の源を自動監視、環境·大気質を自動監視、地表水を自動監視、汚染水処理場を自動監視、飲用水を自動監視を行っています。
山東省では一流の監視環境を整えています。

お問い合せは 大阪ウェルディング工業株式会社 TEL 0748-62-3771 名古屋ジャパンデスク TEL 052-201-7537 中国への進出をお考えの企業様、第一工業団地へお仕事を発注されたい日本企業様
その他、東営経済開発区に関するお問い合わせはジャパンデスクまで メールでのお問い合せはこちら