メインイメージ

経済状況

1経済規模は急速的に増大
2010年全区GDPの伸び率は20.1%、199.15億元を達しました。伸び幅は全市では首位に立つ。第2次産業の増収169.77億元を実現、そのうち、大型工業の増収は165.45億元を実現、伸び率24.6%。 第3次産業の増収は29.38億元を実現、そのうち、不動産の増収は7.91億元を実現、サービス業の増収は21.47億元を実現しました。 固定資産投資は、29.3%を増やし、133.2億元を達成しています。 輸出入総額は29.31億ドル、そのうち、輸入は27.47億ドル、輸出は1.85億ドル。外資の利用額は10376万ドルを達しました。
2運営効果は着実に向上
2010年、全区の大型工業企業の生産総額は718.4億元を達しました。伸び率は34.8%、生産販売率は98.2%に達しました。主力業務の収入は708.47億元、粗利総額は77.04億元、利益総額は45.28億元、それぞれ伸び率は39.6%、38.2%、35%、増幅は去年同期に比べてそれぞれ9.9%、12%と8.1%を増やしています。
3固定資産投資幅の拡大
2010年全区は固定資産を累計133.2億元投入し、昨年同期に比べると29.3%の増加。その内、第2次産業の投入額は92.66億元、32.96%の増加、投資比率の69.6%を占めています。 昨年同期に比べると2.1%の増加。工業向けの投資額は89.61億元、31.5%の増加。第3次産業の投資額は40.55億元、同期に比べて21.61%の増加、投資比率は30.4%を占めるが、昨年より2.1%少なくなっています。 全区では、新規着工プロジェクトが71件、その内、億元超えのプロジェクトは47件、昨年に比べて21件の増加。 億元超えのの新規プロジェクトの総投資額は76.68億元に達し、投資比率の57.56%を占めています。
4中核企業が主導的な役割の表面化
2010年全区では、生産高が億元超えの大型工業企業が37社、昨年同期に比べて4社増えています。そのうち50億元以上の企業が4社、同期に比べて3社増えています。 工業生産総額は、368.44億元に達しました。大型企業の生産高は、全体の51.29%を占めています。10億元超えは11社、同期に比べて2社、増えています。工業生産総額は604.22億元を達成し、大型企業の工業生産総額は、全体の84.1%を占めています。 5~10億元の企業が7社、同期に比べて1社増えています。工業生産総額は、48.06億元を達成、大型企業生産高の6.69%を占めています。37社の生産高は691.6億元を達し、全区では大型企業の96.3%を占めています。 不動産·サービス業の営業収入が億元を超えの企業は8社と4社となっています。
5経済構造の調整により著しい効果
2010年区内での非鉄金属(銅)産業の生産高、営業収入、利益と粗利は大型企業の43.8%、44.2%、42.6%と49.1%を占めています。2009年に比べて0.4%、1.13%、19.47%と8.89%上昇しています。 自動車とその部品の生産高、営業収入、粗利は大型企業の3.4%、3.3%と3.4%を占めています。 新しいエネルギー産業の生産高、営業収入、利益は大型企業の3.5%、2.9%と2.6%を占めています。 2009年に比べて 2.5%、1.9%と1.3%を上昇しました。経済構造の調整により著しい効果を得られています。
6対外貿易、歴史的な進展
2010年全区では、輸出入高は293,149万ドル、伸び率165.4%。そのうち、輸出18469万ドル、伸び率25.5%。輸入274,680万ドル、伸び率187%。新しく許可された外資投資は5つ、契約外資は15,274万ドル、伸び率245.3%。実際に外資の利用額は10,376万ドル、伸び率147.3%。 開発区の輸出は石油装備、紡績、家具、新エネルギー等産業を中心とした多様な輸出形態になっています。 現在、方園銅産業と天園銅産業は、すでに加工貿易の業務を展開し、その上伝統の紡織業界と新型の太陽エネルギー電池板業務の展開。 開発区の加工貿易は新たな発展段階に入っています。
お問い合せは 大阪ウェルディング工業株式会社 TEL 0748-62-3771 名古屋ジャパンデスク TEL 052-201-7537 中国への進出をお考えの企業様、第一工業団地へお仕事を発注されたい日本企業様
その他、東営経済開発区に関するお問い合わせはジャパンデスクまで メールでのお問い合せはこちら