メインイメージ

発展する産業構造

1電子情報産業
8インチの大規模集積回路、IGBT半導体、液晶テレビに使うLEDバックライトなどを生産する企業があります。
ソフトウェアの開発などの企業を集中するビルディングがあり、すでに45社入っています。
2自動車及び部品産業
自動車組み立て企業が3社あり、SUV、マイクロバス、軽トラック、大型トラックなど生産しています。
電気自動車の動力、エンジン、自動変速機、ホイール、ブレーキなどを生産する会社が20社位あります。
3新エネルギー産業
ドイツのノーデクス会社の風力発電翼製造プロジェクト、関連するドイツのザーテック会社のグラスファイバープロジェクト、風力発電の塔体製造プロジェクトは進出しています。ソーラー電池の生産能力は三社で900MWに達します。
4石油関連設備産業
55社の石油関連設備製造会社を集中していて、石油関連設備製造業の生産額は全中国の5分の1を占めています。
5新材料産業
3社で、苛性ソーダーの年産量は130万トンに達します。過酸化水素水、アニリンなど生産しています。
すでに進出してきた会社に基づき、リサイクル経済を発展します。
6銅加工産業
銅板が20万トン、電車架線が6000トン、高精度銅材が20万トン、ケーブルなどプロジェクトがあり、
今年の年商は400億元に達する見込みです。

お問い合せは 大阪ウェルディング工業株式会社 TEL 0748-62-3771 名古屋ジャパンデスク TEL 052-201-7537 中国への進出をお考えの企業様、第一工業団地へお仕事を発注されたい日本企業様
その他、東営経済開発区に関するお問い合わせはジャパンデスクまで メールでのお問い合せはこちら