メインイメージ

油田開発

中国石化勝利油田は、中国石化集団勝利石油管理局、中国石油化工株式会社勝利油田支社の総称です。油田の本体は、黄河下流に位置する山東省東営市にあり、仕事範囲は山東省の東営、 州、徳州など8つの都市(28の県·区)と新疆ジュンガル、吐蛤、塔城、青海ツァイダム、甘粛敦煌などの盆地に広がっています。 勝利油田の調査·開発は、概ね5つに分けられます。

1つ目は、苦難の段階。
勝利油田は華北地域で初めての石油調査により見つかり、発展させた油田です。1961年4月16日に東営で第1番目の石油井戸を掘り出した――華8井戸。1日の石油高は8.1トン、勝利油田が発見されたことを意味します。1962年9月23日第2番目の石油井戸は1日555トンの生産高を達した。当時には全国で1日生産高一番の石油井戸でした。勝利油田は初期に“九二三工場”と呼ばれたのがここからです。1966年2月に調査の結果、山東境域内の第一の油田――勝坨油田を発見されました。この油田が東営地区勝利村辺りにあり、石油大会戦の勝利を記念するため、1974年“九二三工場”を“勝利油田”に改名しました。
2つ目は、急速に成長。
長年に渡る努力により、勝利の油田は1978年に原油の生産高は1946万トンを達し、我が国の第2番目大油田になりました。現在でも中国では第2番目の油田である。原油の生産高は1984年2000万トンを突破、1987年3,000万トンを突破しました。
3つ目は、持続的に安定して発展しています。
1989年勝利油田は、石油調査を行うと同時に、統合管理のレベルアップに仕事の力点を置いてきました。1991年原油の生産高は3355万トン、石油の生産高がこれまでにない水準に達しました。1993年中国初めての百万トン級の浅海油田を築き上げました。1995年まで原油の生産高は9年連続3,000万トン以上を維持しています。
4つ目は、全面的に業務水準を高めています。
1998年、政府は石油·石油ガスを再編し、勝利油田は中国石化グループに属しました。2000年に組織変更で勝利石油管理局と勝利油田有限会社に改名。2006年勝利油田有限会社は勝利油田支社に変更されました。この時期に石油と天然ガスは、順調に軌道に乗り、年間2,700万トンの生産高を維持しています。
5つ目は、技術革新。
2009年勝利油田の納税額は227億元、その内に169億元(中央政府)、28.1億元(山東省庁)、23.5億元(地方のうち、東営市に19.9億元)、売上は東営市GDPの31.6%を占めています。 2009年末まで勝利油田は合計58支社があり、石油専門会社に地震12チーム、油田掘削176チーム、電子測定74チーム、総合作業70チーム、採油374チーム、天然ガス7チーム、石油·ガス輸送91チームがあります。正社員144,059名、専門技師8,679名、開発機構5ヶ所、技術研究員3,500名。そのうち、中国工程院メンバー1名は、山東省で素晴らしい成績を収めました。専門家10名、グループ会社で素晴らしい成績をおさめた専門家28名、固定資産総額は2,383.46億元、勝利油田は中国では超大型の油田の一つです。
お問い合せは 大阪ウェルディング工業株式会社 TEL 0748-62-3771 名古屋ジャパンデスク TEL 052-201-7537 中国への進出をお考えの企業様、第一工業団地へお仕事を発注されたい日本企業様
その他、東営経済開発区に関するお問い合わせはジャパンデスクまで メールでのお問い合せはこちら